2017年10月04日

一旦買取を依頼した後・・・

「春に多い「マイカー売却トラブル」詐欺まがいの買い取り手口 - J-CASTニュース」 より引用

春に多い「マイカー売却トラブル」詐欺まがいの買い取り手口J-CASTニュース千葉県の40代女性Aさんは査定だけと思い業者に頼んだ。業者は外観やエンジンを点検して7万円の下取り価格を提示した。父の車なので相談後にと結論を延ばすと、業者は今すぐ契約して欲しいと言い、「クーリング・オフもできますから(キャンセル可能)」と迫られて契約して ...…(続きを読む)

出典:http://news.google.com/news/url?sa=t&fd=R&ct2=us&usg=AFQjCNHr_ptIBy25AWHmmdA2UUEF8JMxtA&clid=c3a7d30bb8a4878e06b80cf16b898331&ei=2YTUWaCGMsmU4gL0kIDABg&url=https://www.j-cast.com/tv/2012/04/17129220.html?p%3Dall


一旦買取を依頼した後、取り消ししたいという場合、近い内ならタダで契約解除をしてくれるところも相当あるでしょう。
とはいえ、名義変更あるいはオークション登録がされた後ではNGとか、次の顧客がまだ確定していない場合など、必要条件を満たさないといけませんから、解約が利く日にちや条件を前もってしっかり掌握しておく必要があります。
契約後の解約は基本、トラブルの要因ですので、取り交わしの前にじっくりと考えておくことが大事です。
新しくする前のくるまはもう古いクルマで、車検の期間も近づいてたので、プライスの付くクルマだとは考えられませんでした。
ですので、最新の車種を買い求めたおみせに無料で譲ってしまったんですが、その引き取って頂いたクルマがその後、すごくの価格を付けられて転売されてるのを目にしました。
どうせこうなるなら、買取専門店に申込んで専門業者に売り渡した場合の値段を聞いておくことが必要だっ立と今頃になりほぞを噛んでいます。
中古とはいえくるまを売り渡すなら、ある程度の値段はつけて貰いたいものです。
若干手数は必要ですがあちこちの査定をチェックすると間ちがいないでしょう。
営業員も強者ですから、1社のみなら「ウチならここまで出せます」と言うと思います。
ついでにその場で少しばかりアップしてくれるかも。
のちのちライバル業者の鑑定をみると、案の定「営業」だったんだなと判明します。
あと、「どこ行っても一緒ですよ」の畳み掛けもあります。
どこも一緒なら他社で値踏みされても別に問題ないハズです。
ですので、もう1社行きましょう。
実車鑑定には労力が要りますが、1日1社だとしても2社程度はいけますよね。
しっかりと比較検討して、これだったら売ってもOKだと思うおみせをチョイスすることで、気分的にもスッキリすると思います。
非常に旧タイプのクルマの場合でも、中古自動車に明るい専門店におねがいすれば、意外に高く評価して貰えることだってあります。
仮に古くても生産台数の少ないクルマだったら、クルマ好きな人が値打を見出してくれたりします。
思いもよらぬクルマが人気車種として取引されているケースがあるのですね。
1円でも得したいと考えているなら一社だけではなく4〜5社以上より鑑定をうけましょう。
また、おおよそのマーケットプライスをはじめにネットから確かめておけば話を進行しやすいでしょう。


posted by 譲二 at 15:51| その他日記