2017年02月12日

ユースドカー売却のための一括見積りサイト

「スバルの3車種が米リセール・バリュー調査でナンバーワンに」 より引用

1926年に創刊したケリー・ブルー・ブックには、クルマの下取り価格や取引価格を調査、型式や年式別に基準価格が掲載されている。アメリカのカーディーラーや中古車業者、保険会社などが査定に利用するメジャーなガイドブックだ。文庫本サイズの本は青い表紙のため、“ …(続きを読む)

出典:http://levolant-boost.com/2017/01/31/32020/


ユースドカー売却のための一括見積りサイトが存在するように、インターネットで自動車保険各社から一括見積もりがとれるサイトというのも増えています。
生命保険などとちがい、自動車保険は掛け捨てで、つづけても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、掛金が同等レベルだったらサービスが充実しているところにさっさと乗り換えても、なんら損することはありません。
引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで利用するのには一切お金がかかりませんし、手軽に複数の会社の保険内容と掛金を比較できるというのはありがたいです。
ほとんどの中古車販売業者は良心的ですが、ごく一部に見られることですが、今までの車買取店舗の中には悪質なものも存在しています。
手法の例を挙げるならば、見積もり申し込みの段階において、評定した後に直ぐ車をもちだしてもOKならば価格を上げましょうなどとうまいことを言われて、直ぐに車を引き渡すように強要させられて、車の引き取りを行ってからお金を渡さずに、その後一切連絡が途絶えてしまうという詐欺があるのです。
通常行われる手つづきをせずになぜだか妙に早く車を引き取りたがるスタッフに出会ったら厳重に注意して頂戴。
たいていの場合、車を売っ立ときに買取会社などから査定書が発行されることは珍しく、査定書を望んでも発行して貰えない場合が多いのが現状です。
自己破産や遺産相続に関して資産(多いに越したことはありませんが、本人の死後、相続争いに発展することも少なくないようです)証明が必要になることがありますが、このような場面で車の鑑定金額が明記された証明書が入り用になっ立ときには、日本自動車評定協会(頭文字をとってJAAIとも呼ばれます)に車の鑑定をお願いしなければいけません。
自動車鑑定協会の支店は国内に50ヶ理由上存在していて、鑑定には指定の料金が掛かってしまいます。
それと、査定して貰うためには前もって予約しなければなりません。
全部というわけではありませんが、車を売ったお金には税金がかかることがあります。
所有者が個人であって、通勤に専用に使っていた車だったら所得税の対象外となります。
使用目的がレジャー等でも使うということになると、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。
具体的な数字を言うと、車を売ったお金が買ったお金より50万円以上上回った時です。
個人事業主の場合で、その車を日常以外で業務使用しているときにはまた異なるルールがあるので、不明な点は確定申告の際に税理士に相談するなどして対応して頂戴。


posted by 譲二 at 11:21| その他日記

2017年02月03日

過失割合10ゼロで自己相手に非が

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、シャーシが歪んでしまった場合は修理も大掛かりになりますが、のちのち車を下取りに出そうにも、事故歴のある車としてあつかわれ、ガタッと査定額が下がってしまうことがあります。
恨めしいところですが、事故の相手にはこのマイナス分は請求できるのでしょうか。
それは過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。
また、保険会社としては当事者間で話し合いがつい立としても支払い対象外とすることがほとんどだと思います。
やむをえず訴訟に踏み切ることも視野に入れた上で弁護士事務所に相談する以外、手はありません。
買取業者というのは大概、19時以降などの夜間でも無料で出張査定に来てくれます。
昼間の審査と比較すると夜のほうが車のキズやヘコミが見えずに済むので、鑑定には有利であるという話も聴かれます。
しかし、屋外照明が蛍光灯や豆球の懐中電灯だった頃ならともかく、いまとなっては昔話です。
指摘のとおり夜間の査定は骨が折れるでしょうし、同じく薄暗いという点で雨や曇りの日には見えにくく、不慣れな鑑定士だとちょっとした見落としはないとは言えません。
ただ、それはあくまでも可能性の話です。
それに、車が綺麗な場合には晴天のほうが見栄えがしますし、査定は総合評価ですから、天候云々では期待するほど査定額に違いはないでしょう。
自分が車のオーナーであると、あまり乗らなくても維持費がかかると悩む方は多いのではないでしょうか。
自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら売りに出してしまうことで家計が結構スマートになるでしょう。
自動車維持にかかる費用の内訳は、自動車税や保険料、さらには車検代、持ち家でなければ駐車場の代金も負担しなければいけませんね。
以上の合計を鑑みると、およそ年間数十万円にもなる場合だって珍しくありませんからビックリですよね。
今自分が乗っている車を売ってしまおうと考え立ときにオススメできるのが、ネットを利用した一括鑑定サイトで評定してもらうことがうまい選択肢でしょう。
たくさんの業者の鑑定額を比較できますから、自らあちこちの店舗に出向かなくてもその中で最も高い金額を示してくれる会社を見つけ出すことが出来るのも良い点ですが、それ以外にも所持する車種の財産価値がおおよそ現時点でどのくらいの金額になるのかの目安がすぐに分かるのです。


posted by 譲二 at 12:54| その他日記

2017年01月20日

契約や消費に関する相談を受け

「【どうなる自動車業界2017中古車編】変わる中古車の選び方・買い方」 より引用

中古車市場では、これまで安全装備はサンルーフやナビゲーション、本革シートなどと異なり下取りや買取時のプラス査定とならなかったため、販売価格にも反映されませんでした。 しかし、ドライバーの高齢化や昨今のペダルの踏み ... 一方の先進安全装備アイサイトを搭載した先代のスバル・インプレッサスポーツは…(続きを読む)

出典:https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12118-433799/


契約や消費に関する相談を受け付けている国民生活センターには、毎年大量のくるまがらみの不満やトラブルの報告があがってきます。
近年はとくに売却(買取)絡みの電話が増える一方です。
内容的に多いのは、インターネットの一括見積りサイトを通じて鑑定依頼したら、電話勧誘が鳴り止まない、頼みもしないのに訪問審査に来て、帰ってくれないので契約したが解約したいといったものです。
ひとりきりではつけこまれやすいので、変だと思った時点で、消費生活アドバイザーなどがいる窓口へ相談するようにしましょう。
愛車を売却する場合に、キレイに掃除をしてから審査に持って行くことは重要です。
きちんと掃除してから売った方が良い訳には2種類あります。
先ず1つめは、愛車を雑にあつかわない人だという印象付けができることです。
2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。
車内に煙草やペットの臭いがある場合、程度問題ですが査定額に大聴く影響すると考えていいと思います。
中に残っている汚れが原因で臭いが出てしまうので、細かな部分まで清掃する事でほぼ嫌な臭いの感じないところまで軽くする事ができるでしょう。
自己所有の自動車を手放沿うと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、ディーラーに引き取って貰うこと、ちょっと珍しいケースでは個人でオークションに出品して車を売却する方法が存在します。
個人でオークションに出品する場合には、車体の内外の画像や状態を説明する文章をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。
できれば、売却成立前に画像だけでなく実物をじっくり見てもらってから契約をするようにしましょう。
これら以外で自分が重要だと感じたことは、双方で念書などを作成して、これに署名捺印してもらえば安心して取り引きが出来ると言うものです。
本来ならば車を売るときには、へこみやキズが目立つ車よりもない車の方がプラス評定になるでしょう。
でも、素人が傷を治沿うとすると、専門家目線では余計に傷が浮き出ているようなケースがあるので無理に直沿うとするのは良くありません。
いつの間にかついてしまうとても目立たない傷などは、マイナス査定されないことも良くあります。
自動車修繕などを手がけたことのない人であるならば、がんばって自分でやってみようと思わずに、下手に修復せずに評定に出した方がベターです。


posted by 譲二 at 09:32| その他日記